So-net無料ブログ作成

<センター試験>来年1月15、16日に実施(毎日新聞)

 独立行政法人・大学入試センターは11日、来春の大学入試センター試験の実施要項を発表した。試験日は来年1月15、16の両日で、初日は▽公民▽地理歴史▽国語▽外国語。2日目は▽理科(1)▽数学(1)▽数学(2)▽理科(2)▽理科(3)。出願期間は10月1日から14日まで。

 試験を利用する大学は663校(国公立計全160校、私立503校)で過去最多。短大も公私立166校で過去最多となる。

【関連ニュース】
事業仕分け:第2弾は47独法 JICA、入試センターも
国公立大2次試験:前期日程、東海地方でも始まる
国公立大2次試験:看護、教員…資格取得の学部が人気
国公立大2次試験:前期日程始まる
国公立大入試:確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増

<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
菅首相が山口・宇部訪問=故郷にお披露目(時事通信)
<掘り出しニュース>ミツバチ蕨市役所周辺に大群 5000匹駆除(毎日新聞)
馳議員「本田は無限の可能性を持つ男」星稜高後輩を絶賛(スポーツ報知)
仙谷・枝野・玄葉3氏、カレーで意見交換(読売新聞)

強い経済、外交は日米が基軸…菅氏会見要旨(読売新聞)

 菅直人副総理・財務相の記者会見要旨(3日)

 【立候補の決意】

 鳩山首相が身を捨てて新しい民主党の扉を開いてくれたわけだから、多くの国民が民主党に託してくれた「日本の再生」のたいまつを、首相から引き継いで実現につなげていく。

 【経済財政】

 「新成長戦略」と「財政運営戦略」を6月中にまとめあげ、強い経済、強い財政、強い社会保障を一体的に実現する。

 【日米、日中関係】

 日本外交の基軸が日米関係にある大原則はその通りだ。米国との信頼関係を維持しながら、中国との関係も重視することが日本の将来にとっての正しい方向だ。

 【国会運営】

 しっかりした体制を組み、現状を把握して、このままの日程でいけるか、ある法案を成立するために延長すべきかは、その時点で判断することもある。

 【小沢氏の処遇】

 小沢氏も国民にある種の不信を招いたことについて、しばらくは静かにしてもらった方が、本人にとっても、民主党にとっても、日本の政治にとってもいい。

 【組閣】

 社民党の福島党首が閣外に去り、事実上の空席になっているものもある。参院選間近ということも踏まえ、国民から期待される内閣を作りたい。

 【衆院解散】

 民主党政権はまだスタートを切ったばかり。もう一度予算を組むとか、政策を実行するとかやってからでも国民に理解してもらえると思う。

首相問責決議案、社民+民主造反3で可決も(読売新聞)
鳩山首相が辞意 閣僚明かす(産経新聞)
谷亮子、初街頭演説に1800人(スポーツ報知)
不正請求などで訪問介護など2事業所の指定取り消し―三重(医療介護CBニュース)
振興銀の債務者向け110番実施 対策弁護団が6日に(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。